ヤミ金に引っ掛かってしまったらどうするべきか

徐々に巧妙化するヤミ金、昔は町の広告やら看板、はたまた自宅に送られてくるダイレクトメールなんかで顧客を募るのが主流でしたが最近ではパソコンや携帯のメールなんかで顧客を募ったりいくつもの番号を巧妙に操ったりしています。

そんなヤミ金に引っ掛かってしまった場合どうすればよいか、まず相談するのは弁護士または司法書士になります。ただし司法書士の場合、対応出来る金額に上限があるのでそこは注意が必要となります。

やり方としては普通の債務整理と至って変わりはないのですが、相手はヤミ金、いくらの借り入れでいくら返済しているかがわかるものが必要となります、一番良いのは返済のときは必ず銀行振込にしてその都度通帳記入する、もしくは振り込んだ際の振込明細を一枚たりともなくさずにとっておくことです。

それと借り入れた際の借用書は必ずもらうこと、そうすれば相談を受け付けた弁護士や司法書士の方はいくら借りていくら返しているかわかる訳ですから相手が怖いヤミ金でも対応はしてくれるはずです。一般的な貸金業者は利息制限法を守って仕事をしていますがそんなものは全く関係ないのがヤミ金です。うまくいけば過払い金の請求も可能となるので、思い詰めた立場から一転する可能性も出てきます。騙されたと思ったらあきらめずに対処してみましょう。

【キャッシングちょい豆知識】
自分がお金を借りてしまった業者がヤミ金なのかどうかは、日本貸金業協会などでも検索できます。何かおかしいと感じた場合はすぐに検索してみましょう。